別荘における国土調査について

大規模なデベロッパーによって開発され、現在も適正に管理された別荘地であれば、隣接する土地と、自身の別荘の敷地となっている土地との間には、たいていはプラスチックやコンクリートの杭が打ち込まれており、現地でどこが境界であるのかが明らかになるようになっています。

これは土地をめぐる法律上のトラブルを防ぐ意味でもきわめて重要なものですが、管理別荘地以外の土地にある別荘の場合、このような杭が存在せず、したがって隣接地との境界もはっきりしないということも多いものです。

そこで、全国の自治体では、年度ごとに予算や場所を決めて、国土調査とよばれる地積に関する調査を実施しています。

軽井沢の土地関連情報を解説します。

この調査は、実際に測量士が現場に入って、公図やその他の土地の境界を示す資料を検討しながら、地主とともに境界を確認し、杭を打った上で、正確な測量を行うというものです。



このような調査によって、土地の境界が明らかになるとともに、土地の形状、土地の面積なども正確なかたちでわかるようになりますので、土地をめぐるトラブルに巻き込まれるおそれが少なくなり、別荘としての価値も上がります。



通常は所在地の市町村役場から通知や案内が来ますので、その指示にしたがうことになりますが、現地で境界を確認する場合の立ち会いをともないますので、まちがいを避ける意味でも積極的に参加したほうがよいといえます。

直接現地に行かなくても、場合によっては委任状を添えて代理人を立てるという方法もあります。